派遣社員で働く、という選択肢は30代までなんじゃないか、そんな風に考えている40代~50代の方も多いのではないでしょうか。以前であれば40代以降に派遣で働く選択肢は少ないものでしたが、少子化の影響もあり、中高年でも派遣で働く人は増えてきています。この記事では、派遣登録を迷っている40代~50代の中高年の方でもできるおすすめの仕事や派遣登録するメリット、デメリットなどについてまとめています。

40代~50代の中高年者の派遣登録後におすすめの仕事内容

これまでのキャリアを活かせる仕事がおすすめ

40代~50代の中高年者には、それまでの経験を活かして働ける仕事がおすすめです。長年正社員で働いた後、リストラや倒産で職を失った人なら、正社員時代に従事していた仕事内容で派遣の仕事を探すことができます。貿易事務や経理、銀行業務など、専門的な職種で働く派遣社員には、中高年の方も多いのです。また、将来的に顧問や管理職候補として正社員で働くことを前提とした紹介予定派遣などの選択肢もあります。

中高年者であることが有利な職場もある

百貨店やミセスブランドのショップ、官公庁といった職場環境では、中高年代歓迎の求人も多くあります。介護職なども年齢を問わず多くの求人があるので、未経験でもおすすめの仕事です。探し方としては「年齢不問」「シニア歓迎」「40代以上活躍」といったキーワードで探すのがポイントになります。

40代~50代の中高年者派遣社員の勤務日や時間帯

40代~50代の中高年者でも、30代以下の派遣社員と同様に、さまざまな勤務日や時間帯を選ぶことが可能です。育児や両親の介護など、家庭の事情によりフルタイムで働けない中高年の方向けの、フルタイム以外のお仕事なども派遣で紹介を受けることが可能です。職種によっては、夜勤や早朝といった時間外のお仕事も年齢に関係なく紹介をうけやすい仕事といえるでしょう。

40代~50代の中高年者の派遣社員の給料や年収はどれぐらい?

時給は40代以降ゆっくりと下降する

厚生労働省が平成29年に行った調査によると、中高年者派遣社員の給料や年収は30代半ばをピークに、ゆっくりと減少しています。35~39歳の非正規雇用者の平均時給はおよそ1,600円で、40代では1,500~1,300円、50代になると1,200~1,300円の間で推移しています。週5日8時間勤務したとして年収に換算すると、40代の年収はおよそ300~250万、50代では250~230万ほどになります。

派遣社員としての年代間の給料格差は少ない

40代~50代の正社員の平均年収が450 万前後であることを考えると倍近い開きがありますが、同じ派遣社員として比較すれば、年代に関係なく250~300万程度の年収が確保できることになるのです。

40代~50代の中高年者の派遣登録のメリット

40代~50代の中高年者が派遣社員として働いた場合、正社員の平均給与よりも少なくはなりますが、その分残業や重責を避けたワークライフバランスの良い働き方を選べます。
また、年齢不問の仕事をまとめて検索したり、希望の勤務形態に合った仕事の紹介を受けられるため、効率よく仕事を探すことができます。「年齢不問」としながら落とされたり、面接時に年齢についてネガティブな発言を聞かされる、といった直接雇用の面接にありがちなこともなく、これまでに培ったキャリアで紹介を進めてもらえるのも派遣のメリットといえるでしょう。

40代~50代の中高年者の派遣登録のデメリット

中高年者の派遣社員が増えているとはいえ、全体の案件としては20~30代向けのお仕事が多く、扱っている職種によっては紹介できる仕事が少ない派遣会社もあります。必然的に複数の派遣会社へ登録する必要が出ると、応募の手間や連絡メールが面倒になる点はデメリットです。また、どうしても正社員で雇用されるのに比べると収入が少なくなる点も、稼ぎたい人には無視できないポイントでしょう。

40代~50代の中高年者で派遣社員から脱出して正社員へなるには?

40代~50代でまだまだ稼ぎたい人や、どうしても正社員として働きたい人には、直接雇用を前提とした紹介予定派遣がおすすめです。営業職や管理職、専門事務や技術職などでは、中高年であっても利用できる紹介予定案件もあります。派遣社員の更新時期を利用して、通常の派遣やパートタイムの派遣で繋ぎながら、就職活動を継続して派遣社員を脱出する方法もおすすめです。

40代~50代の中高年者の派遣社員におすすめの資格や免許

介護職員初任者研修や同行援護一般研修など、介護関連の資格は中高年者におすすめです。介護福祉士やケアマネージャーといった資格が取れれば、派遣社員でも高収入がねらえます。また、医療事務や宅建、ファイナンシャルプランナーの資格も医療系や不動産関連、金融系の職種へ応募する際の強みになるでしょう。基本的には、これまでのキャリアを更に高める関連の資格を取得するのがおすすめですが、中高年者を採用するうえで懸念されるPC操作やオフィスソフト使用の実力を証明するMOSなども取得しておくとよいでしょう。

40代~50代の中高年者男性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

エンジニアや顧問職といった専門性の高い職種を希望する男性には、パーソルテクノロジースタッフやプロフェッショナル人材バンク、キャリア重視のパソナなどが中高年男性におすすめの人材派遣会社となります。

40代~50代の中高年者女性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

中高年女性におすすめの人材派遣会社には、幅広い案件の取り扱いがあるヒューマンリソシア、アデコ、ランスタッドなどがおすすめです。介護の派遣であればスタッフサービスメディカルやきらケア派遣などが挙げられます。

40代~50代の中高年者の派遣登録についての調査まとめ

いかがでしょうか。これまでの経歴を活かして好待遇で、ワークライフバランスを重視して短時間で、正社員希望で紹介予定など、40代~50代でも上手に派遣を利用して働けることがわかりました。この傾向は今後も強まると予想されるので、気になるお仕事を紹介している派遣会社があれば、1度登録説明会に参加してみるとよいかもしれませんね。