新しくお仕事を探すときに気をつけたいのが、いわゆるブラック企業に雇われてしまうこと。登録した派遣会社がブラック企業である場合や、派遣会社は問題ないのに派遣先企業がブラックだった、という場合、そもそもブラック企業といわれる理由とは?など、ブラックな会社に当たった場合について調査した内容をまとめています。

ブラック企業と言われる主な理由

勤めている会社がブラック企業かどうかを判断する基準には以下のようなものがあります。
・残業が多い:1人あたりに割り振られる仕事の量が多く、残業や休日出勤ありきで仕事が回っている。
・福利厚生や給与計算が正しく機能していない:有休があっても使えないか、利用するのに複雑な条件が設定されている、残業代が正しく支給されない、各種保険の加入があいまいなど。
・パワハラ、セクハラなどのハラスメント行為が多い:上司や管理職にある社員の意識が低く、暴言や叱責が多いため社内の雰囲気も悪い。
・離職率が高い:新たに雇ってもすぐに辞めていくため、常に残っている社員にしわ寄せがくる。

このほかにも、不当に責任の重い業務を任せられたり、違法な業務を強要されたりといったこともブラック企業といわれる理由にあてはまります。

ブラックな派遣会社の特徴

派遣社員の場合、雇用されているのは派遣先ではなく派遣会社となります。したがって、有休の付与がされない派遣会社や、各種保険の加入条件を満たしているのに加入手続きを取らない派遣会社は、上記ブラック企業の特徴を備えているといえます。
また、労働者派遣事業者として届出をしていない業者は違法に派遣業を行っている可能性がありますし、担当者が仕事を紹介しない、希望やスキルに合わない仕事ばかり強要する、といった派遣会社もブラックであるといえそうです。労働者派遣事業者として登録されているかどうかは、派遣会社のホームページに事業許可番号が記載されているかどうかも目安となります。

ブラックな派遣先企業の特徴

派遣先企業がブラックかどうかを見極めるポイントとして、以下のような特長がないかをチェックしましょう。
・常に同じ職種の求人を募集している:業績拡大中の可能性もありますが、離職率の高さを表している可能性も疑われます。
・給与設定が高額:業務内容と比較して給与の設定が高額である場合、記載されている業務内容以外に何かブラックな理由があるのかもしれません。たとえば「電話応対」にクレームが多い、「社員の補佐」でパワハラが横行している、といった例などが考えられます。
・精神論を強調する:「とことんやらなければ意味がない」「成果を出すまでは仕事とはいえない」など、ホームページで精神論を強調していたり、顔合わせの際にそのような発言が繰り返されるような場合も要注意です。

いずれにしても、登録する派遣会社や紹介される派遣先企業にブラックの可能性がないか、気になる場合は口コミサイトやホームページ、過去に業務停止命令などの法的措置が出ていないかといったリサーチを行うことをおすすめします。

職種ごとにあるブラックな派遣労働の見極め方

ブラックな働き方をさせられているかどうかは、職種によって見極め方が異なります。どのような場合ブラックといえるのかについて、職種ごとに見てみましょう。

オフィスワーク

いわゆる事務系やバックオフィスの業務では、紹介時や顔合わせの際に聞いていた内容と違う仕事を依頼されていないか、自分の能力以上の仕事を割り振られていないかといった点がポイントとなります。残業時間が当初聞いていたよりも多い、他部所の仕事まで回される、といったような場合は派遣会社へ報告し、時給や仕事量の増減について交渉した方がよいでしょう。

接客・販売

接客販売のお仕事で多いのが、半強制的に自社製品の購入を促されるケースです。接客する際にそこの会社のブランドを身につけていなければならない、ということが契約時に説明されていなかった場合も、派遣会社へ相談することをおすすめします。

医療・介護

医療系、特に介護業界は人手不足のため、オーバーワークとなりがちです。人命にかかわることも多い仕事なので、資格が必要な仕事を任されたり、責任を負わされるようなことがあれば依頼を断り、派遣会社へ早めに報告しましょう。仕事量が多いと感じる場合も、派遣会社へ相談して負担を減らしてもらうか、時給交渉が可能か聞いてみるのがおすすめです。

加工・製造

加工や製造で機械などのオペレーションを行う際に、無資格なのに資格が必要な作業や危険な作業を任される場合も要注意です。

いずれの職種でも「自分のスキルでは足りない」と感じる場合は無理して仕事を受けず、その場で辞退して早めに派遣会社へ相談しましょう。パワハラなどの各種ハラスメントを感じる行為があった場合も同様です。派遣先で継続してお仕事をするのが難しいと感じる場合は、次の更新をストップしたい旨も申し出ましょう。

ブラックな派遣会社に登録してしまった場合の対処法

もし登録した派遣会社がブラックだと気づいたなら、その時点ですぐに登録を解除することをおすすめします。ブラックな派遣会社から仕事を紹介されて既に契約してしまった場合は、次の更新時期までは働いて、更新をしない旨を申し出ましょう。

違法な労働をさせられるなら、急なブッチやバックレもOK?

違法な労働を強いられているからといって、急に仕事へ行かなくなったり、約束を破ったりするのは社会人としてやるべきではありません。契約違反として訴えられたり、損害賠償を請求される可能性もあります。契約期間までは仕事を続けるか、続けられない場合でも事前に相談や報告を行い、引継ぎなどの対処ができるようになってから辞めるようにしましょう。

ブラックではない評判が良くて信頼度の高い派遣登録先

社会的に認知度が高く、人材派遣業の歴史が長い派遣会社は、安心して登録してもよいでしょう。具体的には、リクルートスタッフィングやテンプスタッフ、ランスタッドやアデコなどは信頼度の高い派遣登録先です。

ブラックな派遣会社か派遣先企業に当たった場合はどうすればいい?についての調査まとめ

派遣登録先の信頼度が高くても、紹介された派遣先がブラックである可能性はゼロではありません。契約に進む前に紹介先の企業情報はある程度知らせてもらえるので、不安なときは事前に調べておくことが大切ですね。