派遣社員は有期の決められた期間内で契約し、派遣先で働きますが、その契約期間は案件によってさまざまです。ここでは、派遣のお仕事の中でも長期の契約で働く長期派遣の期間やメリット、デメリットなどについて調査した内容をご紹介しています。

長期派遣とはどれぐらいの期間を指す?

一般的な派遣社員の契約期間で多いのは3ヶ月契約です。3ヶ月契約といっても3ヶ月しか働けないのではなく、実際には更新することを前提にして何年も働くケースが多いのですが、長期派遣といわれるのはこの契約期間が6か月以上のものを指すことが多いです。
たとえば、3ヶ月契約で1年以上働く場合、更新する回数は4回であるのに対し、6ヶ月契約の更新回数は2回、ということになります。

派遣で長期契約するメリット

長期契約の派遣では更新する回数が少ないぶん、継続して雇われている期間が長くなるので、更新時に契約切れとなるリスクが軽減されるというメリットがあります。1度更新すれば半年以上継続して働けることが約束されているため、「次も更新できるかな」とハラハラする機会が少なくなるのです。
法律上は、派遣社員として働ける期間は最長3年までとされており、企業は3年を超えて派遣社員を雇用したい場合、正社員など直接雇用に切り替える必要があります。じっくりと腰を据えて働きたい、その仕事でスキルを身につけたい、正社員登用も視野に入れたい、といった人には長期契約が向いているといえるでしょう。正社員登用が前提の紹介予定派遣も長く働きたい人におすすめです。

派遣で長期契約するデメリット

長期契約のデメリットとしては、職場を変えたくなったり、別の仕事を見つけたいときに更新のタイミングが少ないため、就活の予定がある人には向かないかもしれません。また、時給を上げてもらいたい、業務内容を見直してほしいといった交渉できる時期も少ないため、不満があっても次の更新まで待たなくてはならないというデメリットもあります。
また、最初に長期契約した派遣のお仕事でも、次の更新がないお仕事の可能性もあります。たとえば産休を取っている社員の代理で1年の長期契約、といった場合、社員が戻って来る時期と共に更新することなく終了するケースもあり、3ヶ月ごとの更新よりも短い期間しか働けないこともあるのです。上記の「派遣は最長3年」というのも働く課を変えたり、事業所へ延長申請を行えば更に3年更新できるため、3年勤めても正社員になれない場合もあるので注意が必要です。

長期派遣を短期で辞めるとどうなる?

長期派遣は契約した期間が終了するまで続ける前提での契約となっています。しかし、契約途中であっても辞めることは可能です。家庭の事情や病気など、やむを得ない理由がある場合は1度派遣会社の担当者へ相談してみましょう。社会人として、派遣先企業の了承や後任、引継ぎなどが決まってから辞めるのが望ましいですが、法律的には引継ぎが決まっていない状態でも辞められます。

長期派遣の仕事探しでおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

長期派遣や紹介予定派遣のお仕事は、アデコやリクルートスタッフィング、テンプスタッフといった派遣会社で多く取り扱っています。
派遣求人サイトなどで長期派遣のお仕事を検索して、気になる案件を募集している派遣会社に登録するのもおすすめです。

長期派遣の契約についての調査まとめ

1回の契約期間が長い長期派遣は、更新頻度が少ないぶん安定はしていますが、長期派遣でなくても長期に働くことは可能であることがわかりました。長期派遣の場合でも、3年を超えて派遣社員として働き続けることは原則としてできないので、本当に長く働きたいなら紹介予定派遣か、派遣社員が長く働いている実績を持っている派遣先を選ぶのがよさそうです。