「高校を卒業していないけど、派遣会社に登録ってできるのかな」「中卒でもできる派遣の仕事ってあるの?」といった疑問を解消するべく、中卒の派遣登録について調査した内容をまとめました。中卒で働いた経験がない人が派遣登録する方法や、派遣でできる仕事内容についても見てみましょう。

中卒ニートが派遣会社登録するためにはどうすればいい?

中卒でもニートでも、派遣会社へ登録することは可能です。基本的に派遣会社への登録は学歴不問で、お仕事の紹介には学歴よりもスキルの方が重要とされるからです。働いた経験がない場合でも、派遣会社では未経験歓迎のお仕事も紹介していますので、業種にこだわりがなければニートの方でも登録してお仕事を紹介してもらうことは充分可能です。
派遣会社への登録には、派遣登録説明会への予約をして履歴書などの必要書類を準備し、登録に関する説明を受けた後に派遣会社の指示に従い登録の手続きを進めます。WEBエントリー形式の派遣会社なら、履歴書の用意が必要ないこともあります。

中卒におすすめの派遣会社の仕事内容

中卒であっても大卒であっても、キャリアが同じであれば等しく応募することが可能です。ただ、オフィスワークや一定の技術を必要とされる職種の場合は、派遣会社の社内選考で紹介に至らないケースもあります。
働いた経験がなく、最初から難しい仕事に応募するのは抵抗がある、という人の場合は、工場での軽作業や飲食店での接客販売といった、アルバイト求人と同じような内容のお仕事も紹介してもらえますので、まずは簡単なお仕事から始めてみるのもよいでしょう。

中卒派遣社員の勤務日や時間帯

繰り返しになりますが、中卒であっても大学院卒であっても、派遣で働く際の条件は同じです。勤務日や時間帯についても、法律で定められた範囲内で働くことになります。

中卒の派遣社員の給料や年収はどれぐらい?

軽作業や単純労働の場合も、学歴に関係なく地域の最低賃金は確保されます。長時間労働やサービス残業を強いられることもなく、職歴を活かせる仕事なら、直接雇用よりも高い時給で働くことも可能です。

中卒の派遣登録のメリット

中卒で派遣登録するメリットとしては、学歴に関係なくお仕事を紹介してもらえるというところでしょう。一般事務やコールセンターといったオフィス系の仕事に就くこともできますし、面接の際のマナーやパソコンのスキルアップ研修などを利用して、ビジネスに必要な知識をつけることもできます。派遣で働いた経歴も職歴として履歴書に記入できるので、キャリア作りにも役立ちます。

中卒の派遣登録のデメリット

職歴を作ったり、直接雇用では学歴がネックになるようなお仕事にもチャレンジできるメリットがある反面、昔ながらの職人としてキャリアを築いていきたい人には物足りないかもしれません。また、正社員としての雇用に比べると長期に安定しないというデメリットもあるため、キャリアを作る意識を強く持っておく必要はあるでしょう。

中卒で派遣から脱出して正社員へなるには?

派遣社員として働いた期間は職歴として履歴書へ記載することができるので、自分がなりたい方向の職種を派遣で経験して就職活動をすれば、正社員として採用される可能性は高まります。また、正社員として採用することを前提とした紹介予定派遣という形の案件へ応募するのもおすすめです。

中卒の派遣社員におすすめの資格や免許

どのような職種を希望するかにもよりますが、基本的なPC操作が証明できるMOSは取っておくとよいでしょう。営業職で必須としていることの多い普通自動車免許やTOEIC、英検といった語学系の資格も接客業で強みにすることができます。介護関連の資格も取っておくと応募できる仕事の幅が広がるでしょう。

中卒男性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

最近では仕事の紹介に男女を問わない案件も増えていますが、いわゆるガテン系から介護・医療系まで広く案件を紹介しているスタッフサービスや、紹介予定派遣の案件に定評のあるアデコなどがおすすめです。

中卒女性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

女性向けの講習や福利厚生が充実している派遣会社ならテンプスタッフやリクルートスタッフィングがおすすめですが、基本的に求人案件の多い大手派遣会社であれば、男女学歴問わず登録が可能で、派遣社員として働くチャンスも多くなるでしょう。

中卒の派遣登録についての調査まとめ

高校中退、中卒といった学歴を気にしなくても、スキルや能力に応じて仕事を紹介してもらえるうえ、講習や研修で資格取得をサポートしてもらえたり、職歴にも記載できるため、働き方としてぜひ検討したいところです。正社員よりも勤務時間やお休みを決めやすいので、働きながら学校に通って更なるステップアップも狙えそうですね。