登録時からお仕事の紹介、就業してからの連絡など、派遣会社へ登録すると何かと電話連絡する機会が多くなるものです。登録の際はどんな風に電話をかけたらよいのか?お仕事の紹介が来ない場合はどうしたら?など、人材派遣会社との電話対応について疑問になりやすいポイントをまとめています。

派遣会社へ電話登録するときのかけ方

派遣会社へ電話登録する場合は「はじめまして。派遣求人サイトを拝見してお電話しました〇〇と申します。応募したいお仕事があり、貴社へ新規登録をしたいのですが、手続きを教えていただけますでしょうか。」といった感じで伝えます。
登録方法は派遣会社によって違うため、電話で登録説明会の予約へと進む場合もあれば、インターネットで予約する方法を案内してくれる場合もあります。どの求人サイトを見たか、案件の番号などを聞かれることもあるので、登録しようと思ったときに見た求人内容や派遣会社のホームページを開いた状態で電話するのがおすすめです。

登録したのにお仕事紹介の電話が来ない場合はどうする?

登録したのにお仕事紹介の電話が来ない場合は「先日派遣登録した〇〇と申します。○○というお仕事紹介を希望していたのですが、その後進捗はいかがでしょうか。」のように聞いてみましょう。
社内選考に時間がかかっている場合や、派遣先からの条件変更など、さまざまな理由で紹介を進めるのに時間がかかる場合もあります。電話して進捗を聞くのは失礼なことではないので、気になるようなら電話して聞いてみるとよいでしょう。
登録のみでエントリーしたい仕事がなく、何かお仕事を紹介してほしい場合、多くの派遣会社では自社サイトに求人一覧が検索できる機能を持っています。そこから気になるお仕事にエントリーしたのに何も連絡がない場合も、上記のように電話をしてみましょう。登録後は派遣会社の社員番号を聞かれることが多いので、社員カードなどを手元に置いてかけるようにします。

派遣会社からお仕事紹介の電話がしつこい場合の対応

逆に、お仕事紹介の電話がたくさんかかってきてしつこく感じる、という場合もあります。就職活動中や家族の仕事を手伝っているなど、すぐに就業できない状態であることを告げ、紹介の電話を一時ストップしてもらう方法もあります。「今の仕事が終わって紹介可能になったら、こちらからご連絡します」と伝えておくとよいでしょう。

派遣会社の電話を無視し続けるとどうなる?

お仕事紹介の電話がわずらわしくて、派遣会社からかかってくる電話を無視し続けた場合、結論からいうと特に状況は変わりません。ただ「連絡が取れない」という情報は社内で共有されることになりますから、もしよいお仕事の紹介電話だった場合に、連絡がもらえないこともあります。
お仕事紹介をストップしてほしいなら、電話を取ってその旨を伝えた方がよいですし、今後その派遣会社を使う予定がないなら、登録を抹消してもらうよう伝えてもよいでしょう。逆に、紹介してほしいのにうっかり無視してしまった場合は、気づいた時点で営業時間内にすぐ折り返し、何度もお電話をいただいたのに折り返しが遅くなったことについてお詫びをしたうえで、改めて要件について確認をします。

お仕事紹介の留守電を聞いて折り返すときのかけ方

お仕事紹介の電話が留守電に残っていたときは、担当者の名前やお仕事の概要、連絡先などをメモしてから折り返します。電話では「お仕事紹介の件でご連絡をいただいた〇〇と申しますが、ご担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか」と伝えればよいでしょう。

病気で休む場合の電話のかけ方

派遣先を病気やけがなどで休む必要がある場合は、派遣会社と派遣先の会社の両方に電話連絡をする必要があります。まずはじめに派遣先企業へ連絡をして、休む旨の理由を伝えて許可をもらいます。次に派遣会社へ電話をして「○○と申します。本日は○○のためお休みを頂戴します。派遣先の○○部長から許可もいただきました。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。」と伝えます。基本的には、派遣会社へも派遣先企業へも「お疲れ様です」の挨拶で問題ありませんが、迷うようなら「おはようございます」などでも大丈夫です。

土日祝日でも電話をかけて大丈夫なのか?

派遣先での就業が土日祝である場合は、派遣会社へも電話をかけて問題ありません。ただ担当者がお休みであることが多いので、その場合は伝言を残すか、メールで報告することになるでしょう。基本的には、各派遣会社の内部規則に従うことになります。

電話が緊張するから苦手な場合はメール返信でも良いのか?

最近ではお仕事紹介の連絡や登録案内もすべてメールで行う派遣会社も増えていますが、もし先方から電話がかかってきた場合は折り返すのがマナーでしょう。電話が緊張するからメールで返信するのも問題はないのですが、相手からかかってきた電話に対しては、特に指示がない場合メールで返信するよりも同じく電話で折り返すようにしましょう。

人材派遣会社との電話対応についての調査まとめ

派遣社員として働いていると、直接雇用のときと違って些細なことでも「これでいいのかな?」と感じることがありますね。雇用されているのは派遣会社ですが、実際に仕事をしているのは派遣先の企業です。どちらも直接雇用されている会社として対応してよいのですが、お休みや遅刻の連絡などは先に派遣先へ、次に派遣会社へ連絡することになります。今後メールでのやり取りが増えてきても、咄嗟の電話対応がスムーズにできるようになっておくとよいですね。