1つの人材派遣会社へ登録後、気になるお仕事を見つけたら別の派遣会社が紹介していた、ということがあります。この場合、複数の人材派遣会社へ登録する必要があるのでしょうか。また、複数のお仕事への応募は可能なのでしょうか。ここでは、別の派遣会社へ登録したり、複数のお仕事に応募するメリット、デメリットや職種別に複数登録する際おすすめの組み合わせなどについてまとめました。

人材派遣会社の複数応募や複数契約は可能なのか?

人材派遣会社への複数登録は可能

複数の人材派遣会社へ登録契約を行うことは可能です。求人サイトなどで気になるお仕事を見つけたときに、もし自分が登録していない派遣会社が紹介する案件だった場合、登録手続きを終えてからでないと紹介が進まないため、あらかじめ複数の派遣会社へ登録した方がスムーズにお仕事を見つけることができます。

派遣会社が紹介する仕事へ複数応募することも可能

また、気になるお仕事がいくつかあって迷う場合、複数のお仕事に応募することも可能です。実際に紹介の手続きが進むまでの応募の段階では、まだそのお仕事を紹介してもらえるかはわからないため、通常のアルバイトや就活と同様に、1つだけに絞るよりも複数のお仕事に応募した方がよいのです。

複数登録するメリット

複数の派遣会社へ登録するメリットには以下のような点が挙げられます。

各派遣会社が独自に扱う案件へ迅速に応募できる

派遣会社が扱っているお仕事には、1つの企業から複数の派遣会社が依頼を受け、競合しているお仕事とは別に、その派遣会社が独自に依頼されているお仕事があります。派遣会社へ複数登録をすることで、この独自のお仕事へもスムーズに応募が可能になります。

競合案件も条件を比較できる

複数の派遣会社が扱っている同じ仕事でも、紹介している会社によって時給や福利厚生などの条件が微妙に違う場合があります。これは各派遣会社と紹介先企業との契約内容や、派遣会社内で決めた設定の違いによるためです。複数の派遣会社へ登録することで、同じ紹介先企業が依頼している案件の中でも、自分に合った条件で紹介している派遣会社を選ぶことが可能になります。

複数登録するデメリット

派遣会社へ複数登録することのデメリットは以下の通りです。

登録に時間がかかる

通常、1つの派遣会社へ登録するには、履歴や経歴について入力したり、登録説明会へ参加して説明やスキルチェックを受けるため、半日~1日程度の時間がかかります。登録する派遣会社が増えればそれだけ登録にかける時間も増え、履歴書や写真などを準備する手間もかかることになります。

管理が面倒

派遣会社に登録すると、案内メールや近況確認、派遣会社から紹介したいお仕事についての連絡などがあり、これが複数になると管理するのが少し大変になります。また、派遣会社によって細かい規定が異なるため、混同しないように注意する必要もあるでしょう。もし連絡や管理が面倒な場合は、紹介を受けたところ以外の派遣会社へ紹介ストップの連絡をすることをおすすめします。

派遣会社によって扱っているお仕事はさまざまで「事務職に強い」「IT系のお仕事が多い」といった特色もあります。複数登録する際は、自分のスキルに合った派遣会社へ登録することが重要になります。以下に、職種別に複数登録する際おすすめの組み合わせについて見てみましょう。

事務職希望の方が複数登録するのにおすすめの組み合わせ

一般事務職の派遣は、ほとんどの大手派遣会社で扱っています。パーソルテンプスタッフやリクルートスタッフィング、アデコやスタッフサービスといった規模の大きな派遣会社に複数登録すれば、自分に合ったお仕事を比較的短期間で見つけることができるでしょう。
経理事務や貿易事務を希望する場合は、事務職でも専門性のあるお仕事紹介に特化した派遣会社へ登録することでお仕事が見つけやすくなります。経理職ならジャスネットやアバンティスタッフ、貿易事務ならリバティやキャプランなどが有名です。

営業職希望の方が複数登録するのにおすすめの組み合わせ

営業職を希望する方が派遣登録するのにおすすめなのは、幅広い職種のお仕事を取り扱っている大手派遣会社のほか、スキルの高い案件紹介の多い派遣会社がよいでしょう。具体的にはスタッフサービスやパーソルテンプスタッフ、パソナといった会社が挙げられます。また、派遣の営業担当として派遣会社に直接雇用される形で働く、といったパターンもあります。

医療、介護職希望の方が複数登録するのにおすすめの組み合わせ

医療系や介護職の派遣を希望する場合、大手各社のメディカル部門や、介護医療職に特化している派遣会社を選ぶとよいでしょう。ベネッセMCMやスタッフサービスメディカル、きらケア介護やツクイスタッフなどがおすすめです。

製造業希望の方が複数登録するのにおすすめの組み合わせ

製造業の派遣を希望する方にも、大手派遣会社で製造部門を専門に扱っている派遣会社へ登録するとよいでしょう。テクノサービスやパーソルテクノロジースタッフ、工場ワークスのほか、ランスタッドやパナソニックエクセルスタッフなどがおすすめです。

IT系、エンジニア職希望の方が複数登録するのにおすすめの組み合わせ

IT系やエンジニア職を多く取り扱っている派遣会社にはITスタッフィングやパーソルテクノロジースタッフ、リツアンSTCやテクノウェイブなどが挙げられます。IT系のお仕事は派遣を選択することで残業が少なくなるケースが多く、余暇を充分に楽しみたい人には派遣の選択がおすすめです。

複数の人材派遣会社登録についての調査まとめ

いかがでしょうか。管理や連絡が面倒なことと、登録に時間がかかるというデメリットを考慮しても、複数の人材派遣会社へ登録した方がお仕事選択の幅が広がることがわかりました。少しでも自分に合った条件のお仕事を見つけるためには、迷わず1社以上の派遣会社へ登録した方がよさそうですね。

参考URL:厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000120286.pdf