応募したい求人を紹介している人材派遣会社へ問い合わせ、派遣登録説明会の予約も済ませたら、あとは予約した日時に現地へ向かうだけですね。とはいえ、派遣登録説明会へ行くのが初めての場合、当日の服装や髪型など、どんな準備をすればよいのか不安になることも多いでしょう。この記事では、派遣登録説明会当日の髪型や服装について、ネイルやヘアカラーといった細かな点まで調査した内容をまとめています。

派遣登録説明会はスーツにネクタイじゃないとダメ?

派遣登録説明会へ行くときの服装ですが、結論からいうとスーツにネクタイでなくても大丈夫です。上下で色の違うスラックスにジャケット、ノータイでもOKですし、デニムでも問題ありません。女性の場合も同様で、カーディガンやカットソー、ハーフパンツといった服装でも参加可能です。

派遣登録説明会にふさわしくない服装

ほとんどの人材派遣会社では、登録説明会時の服装について厳しく指定することはありません。したがって、派遣登録説明会にふさわしくない服装も基本的には「ない」と言えますが、参加者の多くは比較的落ち着いたオフィスカジュアルな服装で参加することが多いため、ジャージやホットパンツ、キャミソールや古着といった、オフィスにそぐわない服装で行くと会場で浮いてしまう可能性は高いでしょう。

派遣登録説明会にふさわしい髪型

服装と同様、髪型についても特にこれといった指定はありません。ただ、もし希望する職種が事務系やオフィス内勤務の仕事の場合は、特に指定がなくてもある程度フォーマルにしていくことをおすすめします。長い髪は束ねておき、すっきりと顔が見えやすい髪型にまとめておきます。ファッション関係や服装自由の軽作業といったお仕事が希望の場合は、この限りではありません。

派遣登録説明会で金髪や茶髪でも大丈夫なのか?

派遣登録説明会に参加する時点で金髪や茶髪であっても、登録できないということはありません。しかし、実際に働くことになる企業先で染髪が禁止されている場合は、登録時に担当の方から黒髪に戻せるかどうかを確認されることになります。それでも金髪や茶髪で参加するのが心配な場合は、登録説明会へ予約する際、事前に確認しておくとよいでしょう。

派遣登録説明会に行くうえで化粧の濃さはどれぐらい?

お化粧の濃さは希望する職種によっても変わってきます。コンパニオンなどのお仕事ならしっかりめのメイクで、軽作業などのお仕事ならノーメイクでも問題ありませんが、基本的にはリラックスした状態で説明会に臨めるよう、薄めのナチュラルメイクで参加するのがよいでしょう。

派遣登録説明会にネイルをしていっていいの?

ネイルをした状態でも、派遣登録説明会に参加することは可能です。薄いカラーで爪の長さも短い場合は、そのままお仕事できる場合もありますが、派手な装飾や長い爪の場合、紹介を希望するお仕事によっては、ネイルが外せるかどうかを確認されるでしょう。

派遣登録説明会に着ていく服装や髪型についての調査まとめ

いかがでしょうか。基本的に、派遣登録説明会に着ていく服装自体に明確なNGがあることは少ないですが、紹介を希望する企業先で服装や髪型についての規定が設けられている場合、あまりにもかけ離れた服装や髪型で参加すると紹介が受けられない場合もあるでしょう。
リクルートスーツやネクタイほどあらたまる必要はありませんが、オフィスカジュアル程度の無難な服装で、金髪や派手なネイルなどは予約時に確認し、実際にお仕事が始まれば戻すことが可能である旨をあらかじめ伝えておくとよいかもしれませんね。