人材派遣会社へ登録を済ませて、実際に働く企業への紹介が進むと、次のステップとして企業訪問による顔合わせ(面談)をすることになります。「顔合わせ(面談)と面接は違うの?」「どんなことをするの?」など、通常の面接から採用になった経験しかない人にはちょっととまどってしまいますよね。この記事では、派遣先の企業訪問による顔合わせ(面談)について調査した内容を、わかりやすくまとめています。

面接と顔合わせ(面談)の違いとは?

あくまでも採用を前提として話が進む

面接と顔合わせ(面談)の1番の違いは「採用の可否を問うものではない」というところです。人材派遣による仕事の紹介では、派遣法によって事前の面接が禁止されているため、面接ではなく「顔合わせ」として企業を訪問します。
派遣会社の方からも、事前に「面接ではなく顔合わせなので、訪問による面談後に企業側が『働いてほしい』と言ってきた場合には辞退しないでほしい」といった旨の説明があります。とはいえ、企業側が複数の派遣会社へ人材紹介を依頼している場合など、さまざまな理由で顔合わせ後に不採用となってしまうこともあるため、面接とは違うといっても「限りなく面接に近いもの」であると理解して準備しておくとよいでしょう。

顔合わせ(面談)には派遣会社の担当も同行

企業側は派遣会社からあらかじめ紹介予定の人に関する履歴書やスキルシートを渡されており、訪問の際にはほとんどの場合派遣会社の担当者も同行します。これまでの経歴やスキルについての説明なども派遣会社の担当が主導となることが多く、企業と派遣予定の人は文字通り「顔を合わせる」ことがメインとなります。

派遣先への顔合わせ(面談)って何をするの?

派遣先への顔合わせ(面談)では、同行する派遣会社の担当主導で進むこと以外は、基本的に通常の採用面接と似た流れで行われます。企業側が派遣社員を雇うことに慣れていない場合もあるので、志望動機や自己PRなど、通常の面接と同じ気持ちで面談に臨みましょう。
具体的には
・訪問先企業の最寄り駅などで派遣会社担当と待ち合わせ
・スキルシートや履歴書の内容についての最終確認
・企業訪問、企業の担当者と面談(派遣会社の担当者主導による)
・直接質問などがあれば答える
・顔合わせ終了後、後日派遣会社より採用可否の連絡がある
のような流れとなります。

顔合わせ(面談)後、お仕事を辞退することはできる?

顔合わせ後に「どうしても職場の雰囲気が合わない」「思っていた仕事内容と違う」といった理由でお仕事を辞退したい場合は、派遣会社の担当者へ相談してみましょう。派遣会社からは「辞退できない」という説明を事前にされているとはいえ、働き始めて数日で辞めてしまったり、体調を崩すなどしてトラブルの原因になる方が派遣会社も派遣先企業も困るのです。「向いてなさそう」「なんとなく苦手」といったささいな理由では難しいですが、どうしてもそこで働けない理由があれば、辞退することは可能です。

派遣先企業訪問時の服装や髪型

派遣先企業訪問をする際には、事前に派遣会社から受ける指示に従います。多くの場合は、通常の面接に行くときのようなスーツスタイルとなります。髪型も染色せず黒髪に戻し、長髪はゴムやピンなどでまとめます。爪も短く揃えて、ネイルはしないかごく淡い色1色にとどめておきましょう。

顔合わせ時にも履歴書や職務経歴書は必要なのか?

顔合わせ時には、派遣会社の担当者が履歴書や職務経歴書を持参します。企業側にもあらかじめ渡されていることが多く、企業訪問の直前に同じ資料を派遣会社から渡されるので、資料の内容に間違いがないかチェックしましょう。

おすすめの自己PR方法は?

顔合わせではそこで働くことを前提に面談が進みます。スキルについては事前に把握しており、業務上問題がないスキルがあることも前提となっていますから、企業側は「この人と一緒に仕事をするとどんな雰囲気なんだろう」という点を1番気にしています。
おすすめの自己PR術としては「過去に失敗したとき、どのようにフォローしたか」「以前の職場でどのようなことを褒められたか」といったことを伝えるとよいでしょう。そこで担当することになる業務について、積極的に質問するのもおすすめです。緊張し過ぎず、できるだけリラックスして話すようにしましょう。

顔合わせ(面談)のときに必要な持ち物

顔合わせのときに必要な持ち物は、最低限筆記用具があればOKです。夏場であれば汗を拭くハンカチなども用意しておきましょう。

派遣先への企業訪問による顔合わせ(面談)についての調査まとめ

面接のようで面接でない顔合わせですが、心構えと準備は面接と同じように考えておけばよいでしょう。派遣会社の担当者とは、最初の企業訪問以降接する機会は少なくなります。顔合わせ当日は派遣会社の担当者よりも、実際に働くことになる企業の担当者や事務所の雰囲気などをよく見ておくようにしましょう。