株式会社リクルートホールディングスの人材派遣子会社である、株式会社リクルートスタッフィング。

リクルートグループであるという強みを活かし、数多くの大手優良企業をクライアントとしている派遣会社として知られています。

その知名度からも、人気の派遣会社となっていますが、実際はどのような派遣会社なのでしょうか。

今回は、リクルートスタッフィングについて、詳しくご紹介します。

リクルートスタッフィング派遣の特徴やおすすめポイント

株式会社リクルートスタッフィングは、間違いなく日本最大級の派遣会社のひとつということができるでしょう。

リクルートグループの一員であることから、抜群の知名度と安定性を誇っており、優良企業とのパイプが非常に太いというのも強みとなっています。

派遣求人案件としても非常に優良なものが多く、さまざまな職種・業界のお仕事を取り扱っています。

公開されている案件数としては、常時約10,000件以上。その公開情報とは別に、登録したスタッフだけが閲覧することのできる非公開求人も数多く取り扱っています。

求人情報数が多く、さらにその内容が充実しているというのが、リクルートスタッフィングの特徴なのです。

スピード感を大切にしている派遣会社

また、これだけ多くの求人情報を扱っていますから、スピード感を非常に大切にしている派遣会社と言うことができるでしょう。

求人情報は日々更新されます。派遣先企業であるクライアントのニーズに迅速に応えるために、そのニーズを満たす派遣スタッフを、スピード感を持って派遣しているのです。

結果として、派遣スタッフも比較的希望に近い案件と早いタイミングで巡り合うことができるという好循環が生み出されています。

案件数が多く、求人の質も比較的高く、実際に就業しているスタッフの多くが満足しているというのが、リクルートスタッフィングの実情といえます。

自分が希望する仕事内容の求人情報を見つけたら、積極的にエントリーしていきましょう。
そうすることが、就業を素早く決めるコツなのです。

電話によるサポートが充実

リクルートスタッフィングの特徴のひとつに「派遣スタッフを大切にする」姿勢があげられます。

そのひとつとしてご紹介したいのが、電話によるサポート。このサポート体制が、大変充実しているのです。

これは、実際に就業しているスタッフを対象としたものですが、専用電話番号によるサービスがあります。直接顔を見て行う営業担当スタッフとの面談では、言いにくいこともあるでしょう。

「今後の就業に悪影響になるのでは」「仕事を紹介してもらえなくなったら、どうしよう」
そんな思いから悩みを抱え込まないように、専用電話で相談できる体制を整えています。

また『OAレスキュー』と呼ばれるMS-Officeの操作で困った時に電話相談できるダイヤルも設定。

ビジネスマナーで迷った時には『ビジネスレスキュー』と呼ばれるビジネスシーンで活用できるノウハウが掲載されているサイトも用意されています。

どちらも、就業中の「困った!」という時に、大変役立つサポートといえるでしょう。こうした手厚いサポートがあるからこそ、安心して就業することができるリクルートグループならではのサポート体制ということができるのではないでしょうか。

派遣デビューの方も、派遣スタッフとして活躍をしてきた方にも、正社員から派遣という働き方にシフトすることを選んだ方にも、安心して就業してもらえる環境づくりに力を入れている派遣会社なのです。

リクルートスタッフィング派遣で主婦におすすめの仕事や業種

リクルートスタッフィングで、主婦が派遣の仕事をする時、おすすめの仕事にはどのようなものがあるでしょうか。

今回は、主婦ならではのきめ細やかな心遣いが生きる仕事をご紹介します。

コールセンタースタッフ

主婦におすすめの仕事は「コールセンタースタッフ」です。コールセンターの仕事には、受信専門のもの、発信専門のものがあります。

受信専門のものは、お客様からの問い合わせや商品購入に対応するもの、発信専門のものは商品のご案内などが多いようです。

時給としては、受信専門の方が、発信専門のものよりも少し安く設定されるケースが多く、受信専門だと1200円程度、発信専門だと1600円くらいとなっています。

コールセンターの仕事は、24時間態勢をとっているところも多く、家庭の都合に合わせて仕事をしたい主婦にとっては選べるシフト制であるという点で働きやすい職場ということができるでしょう。

さらに、電話対応はさまざまな経験を重ねている主婦だからこそ、相手の気持ちを読み取りながら丁寧な対応ができるという面も。

声だけで対応する難しさもある仕事ですが、だからこそ相手の気持ちに寄り添う心が重要な仕事といえるでしょう。主婦ならではの細やかな心遣いを活かすことができる仕事です。

リクルートスタッフィング派遣で独身女性におすすめの仕事や職種

リクルートスタッフィングの派遣で、独身女性におすすめする仕事はどのようなものがあるのでしょうか。
せっかく派遣として仕事をするのですから、少しでもキャリアアップにつながることにチャレンジしてみたいものですよね。
そういった観点から、独身女性におすすめの仕事をご紹介します。

ファイリング業務

リクルートスタッフィングで派遣の仕事に従事する独身女性におすすめの仕事は、ファイリングです。

ファイリングは、会社の重要な情報が保存された書類などを保管・管理する仕事です。使用頻度の高いものは取り出しやすく管理し、保管期間が設定されているものは、その期間が過ぎたら適切に処理するなど、細やかな工夫が必須となります。

重要なものはセキュリティもしっかりと考えて保管しなくてはいけません。派遣スタッフとしてファイリングの仕事をする場合、派遣先企業にとって重要な情報を預かるわけですから、慎重に行う姿勢が求められます。

ファイリングの仕事といっても、近年はOA機器操作や受付業務と兼ねるケースも増えています。

一般的なオフィスワークの一環として、ファイリングを依頼されることもありますから、そういった場合の書類の取り扱いについては十分注意を払うよう習慣づけておきましょう。

単なるデータ入力業務やオフィスワークではなく、ファイリング業務も担当していたとなると、次のお仕事を選ぶ際にちょっとした強みとなります。

難しく考えすぎる必要はありませんが、緊張感を持って仕事に取り組む姿勢が大切な仕事といえるでしょう。

リクルートスタッフィング派遣で男性におすすめの仕事や業種

男性が派遣として仕事をする場合、どのような職種を選んだらいいのか悩むという話を耳にすることもあります。

派遣だからこそ経験できる、専門性の高い仕事に挑戦してみるのも面白いのではないでしょうか。

そんな男性におすすめの仕事を、ご紹介します。

人事・採用アシスタント業務

男性におすすめの派遣のお仕事として、人事・採用のアシスタント派遣があります。具体的な仕事内容としては入社退社書類の処理や勤怠管理、交通費処理、給与計算、問い合わせ対応など。

単なるオフィスワークと比べると男性率の高い仕事といえます。場合によっては、求人広告作成を補助することもあり、仕事に広がりを感じることができるでしょう。

人事・採用ではあるけれど、営業的な側面やクリエイティブな面も合わせもつ仕事です。
自分の方向性を探りたいと考えている方には、おすすめの職種です。

リクルートスタッフィング派遣で学生におすすめの仕事や業種

学生でも派遣に登録することができるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、学生でも派遣として活躍している人は、たくさんいます。

長期休暇を利用して仕事をしたい学生にとって、派遣というスタイルは理想的なもの。
社会経験を積むという意味でも、単なるアルバイトより派遣は注目されているといえるでしょう。

データ入力業務

データ入力業務なんて、簡単!と思われるかもしれませんが、実は奥が深いもの。入力ミスは許されませんし、場合によってはコールセンターなどでインカムをつけながら入力作業をするといった複雑なものまで存在します。

データ入力の仕事は、比較的短時間から勤務可能という点で、学生には嬉しい派遣の仕事といえるのではないでしょうか。このご時世、入力が速くて当たり前。

ですが、入力の仕事をしていると、さまざまなショートカットキーを覚えたりと、さらなるスピードアップを目指すことができるようになります。

ただ単に「パソコンできます」ではなく、そのもう一歩先を目指すことができるのが、データ入力業務といえるでしょう。

リクルートスタッフィング派遣で行っている給料や研修など福利厚生制度のおすすめポイント

リクルートスタッフィングは、リクルートグループの一員だけあって、給料面や研修制度といった待遇、各種福利厚生などが非常に充実していると評判の派遣会社です。では、実際にどのような待遇や福利厚生が用意されているのでしょうか。ご紹介したいと思います。

リクルートスタッフィングの給料について

リクルートスタッフィングの給料の相場は、1,300円~1,700円程度となっています。
平均すると、1,500円くらいの時給で仕事をしている方が多いといえるでしょう。

リクルートスタッフィングの派遣の仕事は、さまざまな職種を取り扱っているというのも大きな特徴です。

専門的な仕事もたくさん取り扱っており、そのため時給の平均が高めにでているという面もあるかもしれません。

派遣スタッフとして仕事をする上で、時給は非常に重要なポイント。同じ仕事内容だからと言って、どの派遣会社も同じ時給という訳ではありません。

そうなった時、他の派遣会社に比べると、リクルートスタッフィングは比較的高めの時給で設定されているケースが多いようです。

ちなみに案件全体を見てみると、取り扱う案件数が多い分、スキルがそれほど必要とされない仕事も存在します。

そうなると、専門性の高い仕事に比べて、どうしても時給は控えめになるもの。
給与額には、幅が出てくるといえるでしょう。

リクルートスタッフィングで仕事をする場合、自分のスキルを活かして高時給の案件にトライすることも、自分のスキルに自信がないからと初心者向けの時給としてはあまり高くないお仕事に挑戦することも可能な環境があるのです。

リクルートスタッフィングの研修制度について

リクルートスタッフィングでは、派遣スタッフのスキルアップを目指し、さまざまな研修制度を用意しています。

自宅や職場の隙間時間を活かした学びが可能な無料のeラーニングをはじめ、リクルートスタッフィングのオフィスで行う無料のOAトレーニング、ビジネスマナーやビジネスメール研修、自分の魅せ方セミナーなどを展開。

そのほかに、割引価格で受講できる各種提携スクールに通学して学ぶスタイルなどもあります。

資格取得をサポートするシステムも

リクルートスタッフィングでは、資格取得を目指す方を対象に、割引価格で講座を開講しています。

リクルートスタッフィングのオフィスで実施するものと、提携スクールで受講するスタイルのものがあります。

オフィスで実施するものとしてはTOEICや日商簿記3級対策講座及び検定試験、貿易実務検定C級対策講座及び検定試験、漢字検定2級、MOS受験料補助・MOS資格活用セミナーなど。

提携スクールでは、各種資格や語学、PCスキルなどより高度な知識、スキルを学ぶ講座を受講可能となっています。

派遣スタッフが資格を取得するということは、派遣会社にとってもより優秀な人材確保につながります。

資格は、第三者が評価する紛れもないスキルや知識の証明です。派遣として仕事をする上で、取得することができるものであれば、取っておいた方がいいものといえるでしょう。

それに対して派遣会社からの補助やサポートがあるとなれば、ぜひとも活用しておきたいものですね。

リクルートスタッフィング自慢の福利厚生サービス

福利厚生サービスに関しても、大手だけのことはあり、かなり充実しています。まず、社会保険や雇用保険に関しては、加入の条件を満たしていればリクルートオリジナルの「リクルート健康保険組合」に加入可能です。

リクルート健康保険組合では年に1回、基準を満たしている方を対象に、定期健康診断を実施しています。この健康診断は、指定された全国の医療機関で受けることが可能です。
「健康診断だけでは不安」という方には、リクルート健康保険指定の医療機関で日帰りの人間ドックを自己負担1万円で受診することができます。

また、スタッフの健康維持のために、コナミスポーツクラブや東急スポーツオアシス、ルネサンス、スポーツクラブNASなどを法人会員料金で利用することが可能です。健康相談やカウンセリングは24時間態勢で実施しているので、悩みごとがある時はいつでも相談することができます。

これは「体が資本」ともいえる派遣スタッフにとって、非常に魅力的なポイントといえるのではないでしょうか。そのほかにも年に1回の歯科検診や、小学館グループが実施しているベビーシッターサービスを割引価格で利用することも可能。

有給休暇も、勤務をスタートさせてから6か月後に発生します。一度発生した有給休暇は、その後も継続勤務1年ごとに発生するものとなりますから、ありがたいものといえるでしょう。有休の日数については、半年間の実働日数に準じて定められることになります。

リクルートスタッフィング派遣の口コミ評判から見たおすすめなところ、イマイチなところ

リクルートスタッフィングで実際に派遣として仕事をした方たちは、どのような印象を持っているのでしょうか。

ここでは、リクルートスタッフィングをおすすめする口コミ、そしていまひとつという評価になる口コミについて、ご紹介します。

リクルートスタッフィングをおすすめする口コミ

リクルートグループであるだけのことはあり、派遣の案件数がかなり多く、自分の希望する条件を満たした仕事と出会いやすいと感じる方が多いようです。

また、リクルートスタッフィングは、とにかくスタッフがみんな丁寧で、かつ熱心だと言います。

リクルートグループに就職できるだけの能力を兼ね備えた営業マン、コーディネーターが対応してくれるため、派遣スタッフの多くは「非常に満足のいくサポートを受けることができている」という結果が出ているのでしょう。

派遣会社のなかでは、営業マンやコーディネーターが派遣スタッフを丁寧に扱ってくれると評判です。

「初めての派遣で不安があったけど、相談メールを出したら派遣先に顔を出しにきてくれた」「面談で、自分が希望していた職種ではない仕事に挑戦してみてはどうかと勧められた。最初は不安だったが、挑戦してみたら自分にとてもぴったりした仕事で驚いている」こういった話は、営業担当者がいかに派遣スタッフ一人ひとりをよく見ていて、個人にあった対応をしているかを見て取ることができるものといえるでしょう。

リクルートスタッフィングがいまひとつと感じた口コミ

リクルートスタッフィングは、有給休暇はあらかじめ申請しておかないと、利用することができません。

「有給休暇は付与されますが、急用や病欠では利用できないのは、少し残念なポイントと感じています」このような声が、実際に就労した派遣スタッフからは聞かれました。

また、営業担当の方たちは基本的に親身に相談に乗ってくれ、非常に熱心だと言います。
だからといって、希望する仕事に就くことができるかというと、それはまた別の話。

いくら熱心でも、営業さんの技量にかかってくる部分がどうしても存在するように感じるという声も聞きます。

年齢が高く、経験を積んでいそうに見えても必ずしもいい営業さんとは限りませんし、若くても上手に希望に近い案件を持ってきてくれる営業さんもいます。

こればかりは「人対人」のことですから、相性も出てくるでしょう。営業担当者の技量によってしまう部分が比較的あるというのが、リクルートスタッフィングを利用して就業した派遣スタッフからの印象のようです。

リクルートスタッフィングの派遣登録の仕方について

リクルートスタッフィングに派遣登録する場合は、どのようなプロセスになるのでしょうか。ここでは、リクルートスタッフィングに登録する際の手順や、注意すべきポイントについてご紹介します。派遣登録には、二種類の方法があります。

一つ目は、リクルートスタッフィングが全国30カ所に展開している登録センターに行き、派遣登録説明会に参加する方法です。「近くに登録センターがない」そんな時には、出張会場での登録も可能です。登録会は平日の日中以外にも、土曜日や夜間に実施しています。現在就業中という方には、とてもありがたい設定といえるのではないでしょうか。

次に、オンラインで登録する方法です。オンライン登録は自分専用ページである「Mypage」を開設することから始まります。顔写真と本人確認書類のアップロードすることが必要となりますので、あらかじめ準備を整えておきましょう。オンラインでの登録は、2分程度で完了します。

次に、本登録について説明します。本登録にも、二つの方法があります。まずは一つ目、実際に派遣会社のオフィスで行われる登録会に参加するスタイルについて、見ていきましょう。

自分の都合のいい日程で登録会を予約し、登録を行います。登録会ではまず「派遣」という就業システムについての説明から始まり、登録希望者がそのシステムを納得した上で登録に進みます。続いてこれまでの職務経歴やスキル、希望する条件などを登録し、スキルチェックと適性検査を実施。それらの結果を踏まえた上で、面談が行われます。

面談では、経験豊富なスタッフが、これまでの経歴や今後のキャリアについて、1対1でしっかりと行います。質問しておきたいことなどがある場合はあらかじめまとめておいて、面談のタイミングで聞いてみるのもいいでしょう。

二つ目は、オンライン登録の場合です。MyPageを作成したら、オンライン登録をスタートさせることができます。職歴や希望する条件など、細かな情報を入力していきます。

入力すべき情報量にもよりますが、20分~30分程度でMyPageを完成させることができるでしょう。「現在は仕事をしているので、来社をして登録する時間的余裕がない」「今後のことを考えて、とりあえず登録しておきたい」そういった状況の方には、オンラインで完結できる登録方法は大変好評となっています。

登録が完了すると、登録した条件や情報をベースに、希望にあう案件が発生したら仕事を紹介してもらうというスタイルになります。派遣会社には、日々企業から新たなる派遣求人情報が届けられます。その中から、派遣スタッフの登録情報と照らし合わせ「この条件なら」と企業側の希望と派遣スタッフの適性や希望が叶えられる場合、仕事を紹介するという流れになるのです。

具体的には、どのような方法で紹介されるのでしょうか。お仕事は、基本的にメールや電話、MyPage上で案内されるスタイルになります。特にMyPageでは、条件にあった仕事情報がリアルタイムでアップされていきますから、時間を見つけてチェックするようにしましょう。条件がよい案件は、やはりすぐに決まってしまいます。気になる仕事があったら、すぐにエントリーするようにしましょう。

ただし、エントリーしたお仕事すべてに対して選考に残れるという訳ではありません。エントリー後、次なるステップに進むことができた場合は、ジョブコーディネーターから改めて連絡が入ります。その連絡がない場合は、残念ながら今回は見合わせになったと判断していいでしょう。

リクルートスタッフィングは、大手人材派遣会社です。当然、登録スタッフ数もかなりのもの。「ライバルはたくさんいる」ということを、理解しておきましょう。

一度や二度選考から外れたといって、諦めることなくエントリーを続けていくことで、自分の条件に合った仕事と出会うことができるはずです。

では、エントリーした仕事の選考に残った場合は、どのような流れになるのでしょうか。選考に残ると、リクルートスタッフィングではジョブコーディネーターと呼ばれるスタッフから連絡が入ります。

電話や面談で具体的な仕事内容や、職場の環境、就業の条件などを確認。場合によっては、職場見学を実施することもあります。

就労前にしっかりと、気になる点は確認するようにしましょう。不安材料をクリアにしておくことで、自信を持って派遣初日を迎えることができるのです。

最後に、リクルートスタッフィングの場合、就業が決まったら勤務開始日までに「情報セキュリティ研修」という研修をWeb上で受講し、確認テストに合格する必要があります。また「就業前のルールとマナー」についても、確認しておくようにしましょう。

少し大変に感じられるかもしれませんが、これは仕事をしていく上で必要となるマナーやルールについての学習です。

今後、必ず役に立つものとなりますから、せっかく研修を受けるならしっかりと身に着けられるように、真剣に受講しましょう。

リクルートスタッフィングで活躍する多くのスタッフも、最初は派遣未経験でした。でも、そういったスタッフたちが実際に就業する中でスキルを身につけ、研修制度を利用して資格を取得し、大きく成長を続けています。

「派遣未経験だから」と、迷う必要はありません。まずは登録をすることから、始めましょう。手厚いサポートと、研修制度を上手に活用して、派遣スタッフとしてぜひ活躍してくださいね。