派遣会社へ登録する際に提出する履歴書。求人先へ直接面接に行くときの履歴書と違い、志望動機はどう書けばよいのか、求人先へ提出することになるのか?など、わかるようでわからないことも多いですよね。この記事では、人材派遣会社へ登録する際に提出する履歴書の書き方について調査した内容をわかりやすくまとめています。

派遣会社に提出する履歴書の書き方

基本は企業へ提出する履歴書と同じでOK

派遣会社へ提出する履歴書は、基本的には通常の応募時に持参する履歴書と同じ書き方でOKです。市販の履歴書やダウンロードした履歴書フォームを使用して、学歴や職歴、資格といった必要事項を記入し、写真を貼り付けて提出します。職務経歴書も同様に作成し、履歴書に添えて提出するのが一般的です。

志望動機は経歴を簡単に記載する

派遣会社へ提出する履歴書の書き方で、もっとも迷うのが志望動機の欄でしょう。通常の応募であれば求人を出している企業への志望動機を書けばよいのですが、派遣会社から紹介される場合は情報が少なく、別の仕事を紹介される場合もあるため、企業についてのリサーチをすることができません。
派遣会社へ提出する履歴書の志望動機欄には、これまでの経歴を簡単に記載して、希望する仕事や得意な業務などについて記載するとよいでしょう。

派遣で働いた期間の履歴書の書き方

派遣で働いた期間について、一般的には勤務先を「派遣会社」とし、その後に派遣先の企業名を合わせて記載します。具体的な例としては、下記のような書き方があります。

派遣登録1社、派遣先1社の場合

〇年〇月 ○○(派遣会社名)登録
派遣先:株式会社○○(派遣先会社名)にて〇〇(事務、販売など)業務担当
〇年〇月 契約期間満了の為退職

派遣登録1社、派遣先が複数に渡る場合

〇年〇月 ○○(派遣会社名)登録、下記2社にて派遣社員として勤務
〇年〇月 株式会社○○(派遣先会社名)所属先:○○ 担当:○○(業務内容)
〇年〇月 〇〇株式会社 所属先:経理部 担当:経理事務補助
〇年〇月 契約期間満了の為退職

派遣先で担当した職務内容については「接客販売」「一般事務」など簡潔にまとめるようにして、詳細は職務経歴書へ記入するのが一般的です。

派遣登録時に履歴書不要なケースとは?

最近では、派遣登録時に履歴書が不要といわれるケースも増えてきています。履歴書の提出が不要なケースには、下記のようなものがあります。
・現地登録会場で派遣会社が指定するシートへ履歴を記入する場合
・登録前に、WEB上で履歴書を記入している場合

履歴書に記載する内容を事前に伝えていたり、現地で詳細を記入してもらうシステムを採っている派遣会社では、必ずしも履歴書の持参を必要としない場合があります。事前に記入していても履歴書の持参が必要な場合もあるので、詳細は登録する派遣会社へ確認するとよいでしょう。

派遣登録でも送付状は必要なのか?

派遣登録時には、基本的に送付状は添付しなくてもOKです。送付状がないからといって登録できなかったり、お仕事を紹介してもらえないといったことはありません。ただ、送付状を作成する能力をアピールすることはできますので、作って損をすることもないでしょう。

派遣とアルバイトで履歴書に違いはあるか?

派遣とアルバイトの1番の違いは「実際に働く場所へ提出するものと、そうでないもの」という点です。アルバイト先へ提出する履歴書なら、その仕事内容に直接関係のない短期アルバイトなどは省略しても構いませんが、派遣会社へ提出する履歴書には、職歴をすべて記入しておくと紹介される仕事の幅が広がる可能性もあります。
また、上記履歴書の書き方でも挙げている通り、志望動機の記入方法にも少し違いがあります。

履歴書は手書きとパソコン作成どっちがいい?

履歴書の作成は、手書きでもパソコン作成でもどちらでも構いません。職務経歴書をパソコンで作成する場合には、履歴書を手書きにしてもよいですし、両方をパソコンで作成しても構いません。どちらも手書きでも問題はないのですが、どちらかはパソコンで作成した方がパソコンスキルのアピールになるでしょう。

人材派遣会社へ提出する履歴書の書き方についての調査まとめ

いかがでしょうか。派遣会社へ提出する履歴書は、基本的に通常の求人へ応募するときのものと同じですが、志望動機の書き方や、登録先の派遣会社によっては履歴書不要のケースもある、といった違いがあることがわかりました。これまでの派遣の職歴を記入する方法は、アルバイトや直接雇用の求人へ応募する場合にも活用できるので、ぜひ役立ててくださいね。