派遣登録説明会では、登録時に「スキルチェック」と呼ばれる簡単なテストが行われます。「テストなんて、落とされたらどうしよう…」「スキルチェックのために、勉強しないといけないの?」「何のスキルがどれくらいあればいい?」など、派遣登録説明会で行われるスキルチェックについて調査した内容をわかりやすくまとめてみました。

派遣登録説明会で行うスキルチェックの目的

派遣の登録説明会で行うスキルチェックには、次のような目的があります。

どのようなお仕事が紹介できるかの目安として

これまでの経歴や希望する職種を口頭で確認したり、履歴書や職務経歴書を参考にすることに加えて、どの程度のスキルがあるのかを実際にテストすることで、紹介できるお仕事の幅が広がったり、自分の能力では難しい仕事を紹介されてしまうリスクを防ぐことができます。「これくらいしかできないから…」と思っていても、紹介先では「それだけできれば充分」ということもありますし、その逆の場合もあるでしょう。スキルチェックは、登録しようとする人の業務能力をより正しく見極める目安となるのです。

ミスマッチを防ぎ、スキルアップも可能に

スキルチェックで行うテストで高得点が取れるにこしたことはありませんが、間違えたり、点数が低いからといって落ち込むことはありません。派遣会社にはたくさんのお仕事案件があるので、点数の低かったスキルを重要視しないお仕事を紹介してもらったり、必要に応じてスキルアップ講習が受けられる場合もあります。自分が今持っているスキルを正しく判断してもらうことで、無理なくお仕事が始められたり、もっとお仕事の幅を広げることもできるんですね。

それでは、派遣登録説明会で行うスキルチェックの主な内容について具体的にご紹介しましょう。

派遣登録説明会で行う一般常識テスト内容

一般常識では、簡単な国語と計算のテストが行われます。
国語では「挨拶」「境内」といった漢字の読みや「納める」「治める」など同音異義語の使い分けなどがよく出題されます。計算問題では、ごく簡単な四則演算問題がほとんどです。派遣会社によっては、県庁所在地や英語、時事問題などが出されることもあります。もし不安なら、就職活動時の一般常識テストなどを軽くチェックしておくとよいでしょう。

派遣登録説明会で行うビジネスマナーチェック内容

ビジネスマナーでは、敬語の使い方やお茶出し、電話応対時の受け答えといったオフィス内でのマナーについて出題されます。ほとんどは筆記による選択式で、会社員として勤務経験があればさほど難しくない範囲での出題となっています。

派遣登録説明会で行うパソコンスキルチェック内容

パソコンのスキルチェックでは、主にWord、Excelのスキルとタイピング速度をチェックされます。Wordでは例題に沿ったビジネス文書の作成、Excelでは表計算やグラフ作成といった問題があります。実際にPCを使い、能力に応じて制限時間内にできるところまで解答します。

タイピング速度は、決められた文章を見ながらキーボードを使って入力していき、タイピングの速さと正確さをチェックします。文章入力とテンキーによる数字入力チェックの両方を行う場合が多いです。

全問正解できなかったり、タイピングの成績が悪くても心配ありません。もちろん得点が高ければお仕事の幅が広がりますが、スキルチェックはあくまでも目安であり、現状のスキルに見合ったお仕事の案件が多ければ、すぐにお仕事を始めることも十分に可能です。

派遣登録するうえで持っていると有利とされるスキルや資格

希望する職種によっても有利になるスキルや資格は違ってきますが、パソコンのスキルが高いことは、オフィスワーク以外でも有利にはたらくでしょう。最近ではどのような職種でもパソコン使用する機会が増えてきたため、すべての指を使用したタイピングとエクセル・ワードの基本操作ができることが望ましいといえます。
英検準2級以上の語学スキルや秘書検定、簿記といった資格も、オフィスワーク以外で役立つことも多いのでおすすめです。

派遣登録説明会で行うスキルチェック内容についての調査まとめ

派遣登録説明会で行うスキルチェックは、ほとんどが基本的な内容でそこまで難しいものではありませんが、中にはレベルの高い問題も含まれています。間違えたり、点数が低くてもスキルに応じたお仕事が紹介されますし、将来的にスキルアップすればお仕事の幅も広がります。自分の現在のスキルを客観的に見る良い機会にもなりますから、試しにチェックを受けてみてはいかがでしょうか。