派遣会社へ登録する際、履歴書と併せて職務経歴書を求められることがほとんどです。職務経歴書を書いたことがない人はもちろん、書いたことのある人にとっても、派遣会社へ提出する場合と通常の求人で持参する職務経歴書に違いはあるのかなど、疑問に思うことも多いでしょう。この記事では、人材派遣会社へ提出する職務経歴書の書き方についてまとめています。

派遣会社に提出する職務経歴書の書き方

アルバイトや社員応募の際に提出するものと同じでOK

派遣会社へ提出する職務経歴書も、通常の求人へ応募する場合に提出する職務経歴書の書き方と基本的には同じです。派遣会社への登録と並行してアルバイトへの応募や就職活動も行っている場合、同じものを提出しても特に問題はありません。

読む側の見やすさを重視するのがポイント

一般的に履歴書の職歴は古いものから順番に書きますが、職務経歴書の場合は特に決まった書式はありません。違う職種へ転職した場合は新しいものから順に書いたり、経歴の長いものや「販売」「一般事務」など、職種別にまとめて書いても構いません。必ずしも1枚以内にまとめる必要はありませんが、できるだけ簡潔に、読む側にわかりやすくまとめることが大切です。

職務経歴書の書き方でよくあるミスや注意点

職務経歴書を書くときによくあるミスとしては、下記のようなものがあります。

パソコン作成の場合

・日付の更新忘れ
・漢字の変換ミス
・罫線の引き忘れや印刷時のフォーム崩れ
・職歴の内容や期間が履歴書と相違している

手書きの場合

・漢字の書き間違い
・履歴書の内容と相違している

パソコンで作成する場合は、以前に作成したものをそのまま使うなら作成日や職歴の追加など、更新するべき内容については必ずチェックしておきましょう。手書きで間違えた場合は作成し直します。会社名の書き間違いや、勤務期間が履歴書と相違しないように注意が必要です。急いで作ると間違いやすいので、提出までに余裕を持って作成しておくようにしましょう。

派遣とアルバイトで職務経歴書に違いはあるか?

アルバイトや就職などで、企業へ直接提出する職務経歴書の場合は、その企業が募集している業務内容に合った経歴についてより詳細に書いたり、同業他社での経歴を1番上に持ってくるといったテクニックが活用できますが、派遣会社へ提出する場合、紹介してもらう仕事の幅を広げたいなら、経歴は均等に書いておくのがおすすめです。「自分が得意な仕事」「紹介してほしい職種」についてアピールするように書くのもよいでしょう。

派遣登録時に職務経歴書が不要なケースとは?

派遣登録時、事前に職務経歴についてWEB上で記入した場合や、登録時に派遣会社の指定するシートへ記入する場合には、職務経歴書を持参する必要がないこともあります。「派遣登録なのに、履歴書や職務経歴書が不要だなんて、あやしい」と感じるかもしれませんが、個人情報保護や法律の関係上、経歴書を不要にしている派遣会社は増えてきています。

職務経歴書は手書きとパソコン作成どっちがいい?

最近の傾向として、履歴書は手書きでも職務経歴書はパソコンで作成するのが一般的です。履歴書と職務経歴書の両方をパソコンで作成している人も少なくありません。どちらでも派遣登録に問題はありませんが、職務経歴書をパソコンで作成することで、ある程度スキルをアピールすることが可能です。

パソコンのスキルを必要としない職種を希望している場合はこの限りではありませんが、データを作成しておけば過去の職歴などを1から書かなくて済むため、並行して就活したり、複数の派遣会社へ登録する予定ならパソコン作成がおすすめです。

人材派遣会社へ提出する職務経歴書の書き方についての調査まとめ

人材派遣会社へ提出する職務経歴書は、企業へ応募するときに提出するものと同じでも問題ありませんが、希望する職種や業種などに応じて、見やすくアピールできる内容にするのがポイントです。手書きでも構いませんが、できればパソコンで作成した方が今後も使用できるので便利です。特に決まったフォームもないので、時間のあるときに経歴や得意なことがわかりやすい職務経歴書を作っておくとよいですね。