派遣会社へ登録してはみたものの、希望の仕事が見つからない、お仕事紹介の連絡が断りづらい、やっぱり直接雇用で働きたい…など、派遣会社へ登録後に解除したくなる場合もあるでしょう。この記事では、派遣会社への登録を解除することはできるのか、契約期間中でも登録解除は可能か、その方法などについて調査した内容をまとめています。

派遣の契約期間中の登録解除はできるのか?

契約期間中でも登録の解除は可能

派遣の登録を解除したい、と考えたときに、1番悩むのが「実際に仕事を紹介してもらい、就業している契約期間中の登録解除」でしょう。「なんとなく」や「仕事の内容が合わない」といった安易な理由で、一方的に登録解除を希望するのは難しいことですが、やむを得ない理由であれば、契約期間中であっても法律上登録を解除することは可能です。

話し合いの場を持ち、円満に登録解除を

たとえば、体調が悪く入院の必要があったり、急に親の介護が必要になるなど、物理的にお仕事を継続できない場合もあるでしょう。聞いていた業務内容とまったく違うお仕事を強要されるような場合も、登録解除を希望するやむを得ない理由とすることができます。
派遣会社としても登録を解除した代わりの人材を補充する必要があるので、登録を解除する前に仕事内容の変更や日程調整といった話し合いを提案される場合が多いです。中には、派遣登録前に介護が必要な親族の有無や、自身の体調について確認される場合もあります。今後また派遣会社のお世話になったり、別の仕事で派遣先の企業と関わる可能性もないとはいえませんから、よほどの理由でない限りは、就業先の企業と派遣会社との間で話し合いの場を持ち、円満に登録を解除することをおすすめします。

派遣登録解除の方法

契約期間中の登録解除の場合

契約期間中に派遣登録を解除したい場合は、派遣先の企業担当者ではなく、必ず派遣会社の担当者へ報告するようにしましょう。登録解除の手続きは、派遣会社の担当から派遣先の企業へ連絡を行い、双方の合意が得られた後に進められます。

契約が発生していない派遣会社の登録を解除する場合

契約期間中ではない派遣会社であれば、登録の解除方法はとても簡単です。登録している派遣会社へ連絡して、登録を解除したい旨を伝えればよいです。最近では、WEB上のマイページなどから退会の手続きをすることも可能です。今後派遣を利用するかどうかわからない場合は、休会や紹介ストップなど、登録情報を残したまま、一定期間派遣会社からの紹介を受け付けない状態にしておくことも可能です。1度登録を解除してしまうと、紹介してほしい案件が出てきたときに再度登録し直す必要があるため、迷っているなら休止状態にしておくことをおすすめします。

派遣登録解除にかかる期間

派遣登録の解除にかかる期間は、手続きが進めばそんなに長くはかからず、数日~1週間程度で登録情報は抹消されます。また、何も契約していない状態で一定期間放置している場合も、登録情報は自動的に抹消されます。抹消される期間については登録時に説明があったり、登録後のマイページや「よくある質問」などから確認することも可能です。

派遣登録解除の理由いろいろ

派遣登録を解除する理由は人によってさまざまですが、多く挙げられる理由には下記のようなものがあります。
・正社員への就職が内定した
・家族の都合(引っ越し、入院介護など)
・結婚、出産

この他にも「他に条件の良い仕事が見つかった」「離婚などで現在より収入を上げる必要がある」「仕事の紹介をしてもらえない」といった理由でも、登録の解除は可能です。

派遣登録解除後の個人情報はどうなる?

派遣登録を解除すれば、登録している個人情報はすみやかに抹消されることがほとんどです。抹消にかかる期間や抹消の方法、提出した書類返却の有無などについては、派遣会社によって対応が異なるため、気になる人は直接登録先へ確認してみましょう。
また、派遣会社でお仕事を紹介してもらった経験がある場合、法律によって3年間個人情報が保管されることになっています。3年以内に登録を解除したとしても、派遣先での契約終了後3年間は派遣会社で個人情報が保管されることになります。

派遣登録の解除についての調査まとめ

契約期間中の登録解除については、やむを得ない事由や派遣先と派遣元双方の話し合いによっても違いますが、派遣会社と契約が発生していない場合の登録解除は簡単にできそうです。今後も派遣会社を利用しないのであればよいですが、もし少しでも利用する可能性がある場合、休止や紹介ストップという選択肢もあるので、解除前にはよく検討してみることをおすすめします。